曙螺子工業株式会社は、座金組込みねじ製造のエキスパートとして
自動車業界で培ってきた品質管理をもとに、
お客様から最も信頼される螺子製品として応えるべく、独自の技術と長年の経験を生かし、
座金組込みねじをはじめ各種のねじ製造をしています。

効率化を追究した「製造体制」

ワンフロアに集約された製造ライン

製造ラインの効率化を追究し、2016年に製造工場を新築しました。
製造工程をワンフロアに集約し、製造スピードやコストパフォーマンスが大幅に向上しました。
また、自社内で設備メンテナンスを行える体制も整えているので、不測の事態にも柔軟に対応でき、安定した製品提供が可能です。

多品種に対応できる生産・管理体制

製造ラインの編成を柔軟に変更できる体制を整えているので、情況に応じて多品種ニーズにも対応可能です。
また、多品種の取扱いで課題となる異種混入などの対策も、長年のノウハウに基づく万全の管理体制でしっかり防ぎます。

徹底した管理体制がお約束する確かな「品質」

自動車業界で培った品質管理体制

シビアな品質と管理が求められる自動車業界で、何十年も培われたノウハウに基づいた管理体制が製品の確かな品質をお約束します。類似品の取扱いについても自信があり、ご安心いただける体制を設けています。製品の品質については、国内だけでなく海外のお客様にもご支持いただいております。

最新鋭の画像検査機による品質保証

ねじは見た目に問題が無くても、目に見えない部分で強度や耐久性などに差が出ます。お客様のニーズにお応えするために最新鋭の検査機器を取りそろえ、何重ものチェック体制を設け、確かな品質を保証しております。

「少数精鋭」だからこそ可能な対応力

ノウハウと技術の継承・発展

ねじづくりは機械のみでは良い品質を維持できません。
お客様のニーズに応えるには「経験」と「技術」そして「機械の扱い」による3つの要素が不可欠です。
曙螺子工業では、先輩から後輩への技術継承を推進し、様々なニーズに応え続けるためのノウハウの積み上げに努めています。

スピーディな情報伝達

少数だからこそ、下から上、上から下、また横への伝達も効率よく行える体制があります。
日々のコミュニケーションを大切にし、製造ラインにおける刻々と変化する状況や不測の事態にもスピーディに対応でき、確実な納期対応を可能としています。

気持ちが良い「職場環境」

良い製品は良い職場でしか生まれない

曙螺子工業では、環境や社員の志が健全で美しいもので無ければ、良いモノづくりはできないと考えています。
社内に「環境委員会」を設置し、週2回の社内外の全体清掃だけでなく、常に清潔で気持ちの良い職場環境を目指しています。

様々な委員会が色んな視点から職場環境を向上

曙螺子工業では、作業環境や社員同士のコミュニケーションなど様々な観点から職場の環境を向上していこうという取組として4つの社内委員会を運営しています。

  • 品質委員会
  • 広報委員会
  • 交流委員会
  • 環境委員会

これらの委員会をベースに社員一丸となってより良い職場環境づくりを目指しています。